星のない世界 紳士とアヒル


No.41 雨が上がる直前に

 

街に小雨が降り注いでいるときだった。
雨粒で視界がぼやけていると、そこにあるはずのない大きな木の枝と、白い鳥が見えたんだ。


白い鳥たちは羽を落としながら飛び立っていき、直後に雨が上がった。
まるで鳥たちが雨を連れて行ったようだった。


あれは幻だったのだろうか。
ぼくは小さい頃から夢想癖があり、たびたび人に指摘されて笑われることがあった。
もしかしたら今回のもそうだったのかも知れない。


また嘲笑されるかもと不安になりながらアヒルを見ると、いつもの笑顔でこちらを見ていた。
ぼくはほっと肩の力が抜け、思わず口元が緩んだ。

 

手のひらに羽の感触がまだ残っていた。



No.42 ひまわり池の下に

 

また、満月の夜だった。
真夜中だと言うのに、ひまわり池の中心がとても明るかった。
ひまわりをかき分けて進んでいくと、水面下で何かが強く光っていた。
側には小さなうさぎの女の子がいた。
ぼくはうさぎの女の子に、これは何?と聞いてみた。

 

「池の下に、星のかけらが落ちているって噂なの」

 

ぼくは一瞬、思考が止まった。女の子の言葉を理解するのにかなり時間がかかってしまった。
長い間ずっとずっと求めていたもの。ただひとつ、それだけを求めて旅をしてきた。
それがここに?本当に?

 

頭より先に体が動き、ぼくは池に潜ろうとした。

 

「拾いにいくの?」

 

女の子の声にはっとし、宙に浮かせた足を止めた。

 

「嘘かもしれないよ?だってこの世界に星なんてないもの。辛い思いをするかもよ?きっとにせもので、がっかりしちゃうよ?」

 

ぼくを心配そうに見つめて来るうさぎの女の子のおかげで、ぼくは次第に冷静になっていった。
そして女の子へふっと笑いかけ、

 

「それでも」

 

とだけ言った。

 

「そっか、あなたは勇気があるね」


ぼくはひとり、池の中へ飛び込んだ。



No.43 星のかけら

 

池の底でようやくそれを見つけた。
手のひらサイズの石が、暗い水の中で輝いていた。

 

これは紛れもない本物の星のかけらだろう。
きっとこの世界にある唯一の星。
ようやく見つけた。ようやく星を手に入れられた。

 

だけど、ぼくが感じたのは喜びではなく、違和感だった。
星を手にした瞬間「違う」と思ってしまった。
ぼくが求めていたのはこれじゃない。直感でそう分かった。

 

あれだけ星が見たくて見たくて仕方なかったのに。
毎晩毎晩、大きな月を眺めては吐きそうになるほどの渇望感でいっぱいだったのに。

 

ぼくは一体何を求めたいたのだろう。
ぼくは一体何のために旅をしていたのだろう。


頭の中が真っ白になってしまい、何も考えられなくなった。
星のかけらをそっと手放し、ぼくは池から上がった。